勤怠管理ツール比較検証NAVI

勤怠管理ツール比較検証NAVI

勤怠管理とは

勤怠管理とはどのようなことか

勤怠管理とはどのようなことでしょうか。言葉は聞いたことがあるが、実際にどのようなことを行うのかを把握している人は少ないはずです。勤怠管理とは、出勤時間・退勤時間を総合的に管理を行い、さまざまなデータに生かすことです。

勤怠管理を行う部署は、基本的には総務となります。総務は勤怠管理を行うことで、その人材の出勤の管理から給与を導き出したり、また休暇に対する管理なども同時に行うようにしています。しかし、管理はそれだけではありません。

勤怠管理から得られる情報はとても大きく、例えば残業時間を多く行っている人材へ警告を出すことができます。つまり、過剰な残業などによって体調管理が行われていない人材にアドバイスなどを行うことができるのも勤怠管理を行うメリットです。

ShiftMAX

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトはこちらから

タイムカードを打刻して従業員の出勤と退勤を管理することがあります。最近は機械をネットワークに接続してタイムカードだけでなく情報を直接サーバに入力できる仕組みもあります。タイムカード以外の打刻方法も広がっています。

ShiftMAXは打刻方法のバリエーションが豊富な勤怠管理システムです。最近は主流になっているICカードを用いた打刻があります。別途従業員に持たせたり、すでに持っている定期券などのICカードを用いることも可能です。

カードを用いると不正打刻される可能性があります。それを防げるのが静脈認証タイプです。それぞれの人の静脈を予め記録しておき、その人が触れたときに打刻します。指紋とも異なるので、より不正を防ぐことが出来ます。

続きを読む


JOBCAN

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★
公式サイトはこちらから

勤務形態が多様化する中で、企業としては勤怠管理が非常に煩わしいものになっています。正規雇用、非正規雇用問わず、ある程度の数の従業員をかかえているところは、勤怠管理に相応のコストをかけています。勤怠管理ソフトなどの導入もその一つです。

もっとも、単体のアプリケーション・ソフトにおいては、バージョンアップすることに費用がかかる上、バージョンアップする作業をする必要があります。そこで、最近では、勤怠管理をクラウド上で行うサービスがでてきました。JOBCANもその一つです。

JOBCANは、勤怠管理をクラウド上で行うため、携帯端末があれば簡単な操作で出退社や休みを入力することが可能です。多機能でさまざまな勤怠管理に対応しています。さらに、すでに導入済みの給与計算ソフトとの連携をとることが可能なため、使い慣れたソフトを活かしながら勤怠管理を行うことができます。

続きを読む


バイバイ タイムカード

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトはこちらから

従来はタイムカードを使用し、社員の勤務状況を管理していましたが、タイムカードは集計が複雑だったり手間がかかります。そういった手間をなくすために生まれたのが勤怠管理システムです。しかし一口に勤怠管理システムといってもかなりのツールがあります。

数多い勤怠管理システムの中でも注目を集めているのが、バイバイ タイムカードです。その名の通りタイムカード無しで勤怠管理を行ってくれるシステムで、バーコードやICカード、指静脈などを読み取ることができます。

それらを読み取ることにより、簡単に勤怠管理が行えます。インターネットを利用することで、リアルタイムでの管理が可能です。毎月かかる費用はありますが、人件費を削減することに比べたら微々たるものではないでしょうか。

続きを読む


ディーレコ

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトはこちらから

今の時代では、ありとあらゆることがシステムで管理できるようになりました。その一つとして上げられるのが、勤怠管理です。勤怠管理ツールの中でも、シンプルなものもあれば様々な機能を備えたものも存在しています。

そんな中でシンプルでわかりやすい勤怠管理システムなのが、ディーレコです。出勤と退勤の管理のみと、かなりわかりやすく使い方もすぐに理解できるのが利点です。しかしディーレコのメリットは使いやすさだけではありません。

毎月の使用料もかなり安価です。機能かたくさん付いていると、その分料金もアップしますが、中には使わない機能も必ず出てきます。そういった使わない機能に対してお金をかけるくらいならば、ディーレコのようなシンプルなものが良いのではないでしょうか。

続きを読む


就業奉行のOBC

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトはこちらから

勤怠情報を記録するための機械としてタイムレコーダーがあります。多くの会社が出していて、その機械ごとにタイムカードも用意されています。基本的にはタイムレコーダーは専用のタイムカードを利用することになっています。

就業奉行のOBCは主に勤怠管理のシステムです。全くタイムレコーダーを使わない運用も可能です。一方でタイムレコーダーも多く用意されています。それを利用して打刻をすることが出来ます。タイムレコーダーでも幾つかのタイプがあります。

紙のタイムカードを認識するタイプもあれば、ICカードからデータを記録できるタイプもあります。それぞれの会社で過去の記録のとり方がありますからそれを統一したい場合もあるでしょう。古い方法から新しい方法まで対応してくれます。

続きを読む


ネクストタイムカード

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトはこちらから

企業は、規模が大きくなればなるほど、社員ひとりひとりの勤務状況や勤怠管理を把握しづらくなる物です。小規模の事業所であれば毎朝、社長が全員の顔を見て挨拶をし、業務を始めることができますが、そんな悠長なことはしていられない企業があることもまた、事実です。

しかしながら、殊、勤怠管理に関しては慎重に行う必要があり、社員の多い少ない・会社の規模の大小にかかわらずミスなく管理されてしかるべきポイントといえるでしょう。そこでネクストタイムカードを使用することにより、面倒な処理や手続きを何段階か省くことができます。

公共交通機関で使用するICカードを利用して出退勤をチェックすることにより、同時に交通費の計算まで可能になります。また、社員ひとりひとりの手間も省けるうえに、情報は完全にクラウド化され、管理の手間も軽くなります。

続きを読む


カテゴリー